不倫相手は強(したた)か なので相手にするだけ損

不倫中の夫

夫が不倫をした相手。

それはとてつもなく「したたか」です。

 

夫に不倫をされた妻は何故か弱気になる事があります。

 

何故なら、夫はその女性をパートナーとして選び、その女性と濃密な時を過ごしている事を想像すると、自分が選んでもらえなかったという惨めな気持ちだったり、不安が襲ってきたり、後悔の念に駆られるからです。

 

本来なら1番守られる立場であるべきなのに、夫が不倫相手側に付くから、1番弱かったり不利な立場に立たされるのです。

浮気相手は、彼(つまり夫)が自分の事を大事にしてくれるのを良い事に、時に自分が1番愛されていて妻より上の立場と勘違いします。

 

夫は浮気相手には弱い(メロメロ)なので、妻にしてみたら情けないぐらい頼りになりません。

 

浮気相手はますます図に乗り、より自分に振り向いてもらえるようあの手この手を使います。

浮気相手は強(したた)かです。

堂々としています。

 

妻に対して悪いなんてこれっぽっちも思っていません。

そのくせ夫に対しては「奥さんに悪いと思ってる。」と大嘘を付きます。

夫の気を引くためです。

 

そんな人間を、まともに相手していると、こちらが馬鹿をみます。

決して負けていません。

同等でもありません。

絶対的に立場が上なのは妻です。

強かさに弱気になってはいけないのです。

タイトルとURLをコピーしました