浮気夫と不倫相手のLINEのやりとりを見て学んだ事

不倫相手のこと

夫の不倫が発覚してから半年ちょっと経った頃、ようやくスマホの中身を覗き見る決意をしました。

出来る事ならこの場でスマホを木っ端微塵にしてやりたい。

そう思わせるような浮かれた内容満載でした。

 

そして、浮気の要とも言えるLINEのやりとり。ここに全てが凝縮されていました。

 

それはそれはもう、あの夫ががこんな表現するの?!と驚く内容ばかりです。

そして、とてもマメでユニークで一目で楽しいとわかるやりとりでした。

 

私とは業務連絡のような素っ気ないLINEだったのに、不倫相手には絵文字も可愛いスタンプもたくさん使って、会話数もめちゃくちゃ多く、もう信じられないのオンパレードでした。

 

そのやりとりを、証拠として私のスマホで写真やビデオに残しました。

何度かそれらを見返していて、ある時ふと感じた事がありました。

 

不倫相手はとうてい許された存在ではありませんでしたが、そのラインのメッセージの書き方がとても可愛らしかったのです。

夫(不倫相手にとっては大切な彼氏)を立てて、褒めて、すごく喜んでいる内容ばかりでした。

嬉しい時にははち切れんばかりに喜び、夫の容姿もとても素敵と言ってみたり、返事の1つ1つも素直で、これで喜ばない男がいたら嘘だよな、と思いました。  

 

そしてとてもオバハン、オッサンのやり取りとは思えませんでした。

LINEだけ見たら、そこら辺の学生と変わらないでしょう。

 

妻である私は、夫に対してこんな風に接してきたかというと、恥ずかしながら全く違いました。

好きな人に対する態度って、こうなんだよな、と思い知らされました。

それ以来、私は夫に自分の気持ちを素直に伝えようと思いました。

そして、夫が嫌がるであろう事は言わない、いくら家族・夫婦と言えどもいい意味で気を使っていこうと決心しました。

 

とても新鮮な気持ちになりました。

そんな私を夫も益々大事にしてくれました。

 

夫の勧めた物や、立てた計画を素晴らしいと褒めれば、とても嬉しそうで優越感に浸っていました。

思えば、夫は昔から私を尊重して褒めてくれていました。

なのに私はいつからか夫を尊重するどころか、当たり前だったり時には見下していました。

 

夫と新しく男女として上手くやっていくには、お互いを尊重し合う事は必要不可欠です。

 

それに気付かされたのが不倫相手のLINEのメッセージとは、何とも皮肉なものです。

 

あの人は私たち夫婦を再構築させるために現れた存在ではないかと思いました。

タイトルとURLをコピーしました