夫の不倫に感謝?!なぜそんな気持ちになったのか正直に告白します

妻の気持ち

夫が不倫をやめてから3ヶ月とちょっと経ちました。

 

今まで子育て・孫の世話に傾倒し過ぎて夫との時間や心のつながりを疎かにしていた私は、一概に夫の不倫の原因を責めるわけにはいきませんでした。

 

夫の不倫が発覚した時、逆に自分を責めました。

 

自分が認められなかったという悔しさに近い気持ちもありました。

 

家庭の事は完璧にこなしてきたし、いろいろな問題も協力して乗り越えてきました。

夫婦、家族の絆はどこにも負けないという自信すらありました。

 

なのに、この事態はどういう事?と今まで積み上げてきたものがガラガラと音を立てて崩れ去りました。

 

しかし、その積み上げてきたものの中に、夫婦愛は無かったように思います

私の言う夫婦愛とは、男女の関係という意味合いです。

 

夫を男として愛していたか。

夫は私を女としてみていたか。

 

積み上げてきたものが一旦リセットされ、更地になった時、私達の新しい人生が始まりました。

 

長年のレスも解消され、お互いを愛おしい大切な人と再認識できました。

夫も長い間そうなりたかったと言っていました。

 

私も子供が独立し家を出てからは、これから夫と死ぬまで仲良く過ごしたいと思っていました。

不倫騒動がなければ、夫婦の再構築の機会すら無かったかも知れません

不倫があったからこそ、私が「1番大切な事」に気付き、実践でき、それによって今があるわけですから。

 

新婚の時以上に夫に思いを馳せ、夫が大好きになりました。

夫が会社に出かけるのを見送る時、寂しくて胸がキューッと締め付けられます。

以前は全くそんな気持ちにはなりませんでした。

 

大切な人には変わりなかったのですが、家族の一員という位置付けだったと思います。

 

でも、男女としては物足りない。このままでいいのだろうか、と思った矢先に不倫が発覚しました。

 

今の私達があるのは、不倫のおかげと言っても過言ではありません。

 

私にバレた事によって、夫も清算することができたし、新しい夫婦生活もスタートできたし、お互いが歩み寄れたキッカケになったのです。

 

不倫なんて本来は許せない事ですが、今得た幸せを思うと、むしろその一件に感謝しています。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました